Core-i5(2400)に換装してみた…

CPU換装編

 

先月ご紹介したデスクトップPC(NEC Mate/MB-D)は、その後も快調な動きで
PCライフを「満喫」させてくれている。が…

飽きっぽい性格の私(笑)は、次なるステージへと足を踏み入れる事にした。

 

現状使用しているCPU(Core-i3 2120)をオークションに出品、\4,000-にて落札
された(購入時は\3,800-)。

で…このパソコンのCPUはどうすんの?って事で、同じく”ヤフオク”にて「Core-i5 2400」(3.1GHz)を落札、購入することに…お値段、送料込みで\6,500-

Core-i3を売った料金を差し引けば、実質\2,500-で購入した事になる。

早速「CPUの換装」に取り掛かる。

こういう場合、ノート以上にデスクトップ型PCは楽でいい。

ものの数分で換装終了。

恐る恐るコンパネのシステム画面で確認すると…読み取り成功!

 

 

だが、「Core-i3」から「Core-i5」に換装したからと言って、パソコン動作が
劇的に変わる訳ではない。見た目にはほとんどわからない。

となると、やはり”アレ”でCPUの性能を試してみるしかなさそうだ。

 

前回もご登場頂いた動画編集ソフト”HandBrake”を使った動画編集作業。

テストで使う作品も前回同様[DVDISO][映画]「恋するヴァンパイア」である。

ISOファイル4.87GBのDVDデータ「比較機」も前回同機のNECノート Lavie LE150/F2(Win10…64ビット版)CPU:Core-i5 2410M 2.30GHz

「2コア4スレッド」⇒「4コア4スレッド」

単純にコア数が倍になっている。この違いが動画編集にどうでるか…

ちなみに、前回のテストでは…

■Core-i3:変換所要時間約22分

■Core-i5:変換所要時間約34分

となっている。

 

【結果】

エンコードに要した時間:14分

前回の「Core-i3」から、更に8分も短縮された結果となった。

前回同様、できあがりは「m4vファイル791MB」

それにしても早い!「4コア4スレッド」の力を存分に味わう事ができた。

こうなると次は「Core-i7」を試したくなるなぁ…(笑)

このスペックなら、当面変える必要性も感じないので、この実験はこれを最後に
しようと思う。気が向いたらやるかもしれないが…(笑)

年末もしくは年明け早々に、デスクトップPCをもう一台買う予定。

もちろん、Core-i7のハイスペック機を検討しているので、次回はそちらのPCを
テストしてみたいと考えている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました