PCカスタマイズ編・Part2

PCカスタマイズ

 

先日お知らせ致しました「中古PC購入」で、今回早速”換装”しましたので、ご報告させて
頂きます。

まず、メモリの増量(4GB→8GB)

これは至って簡単で、開いている2ポートに別途購入したメモリ4GB分(2GB×2枚)を
装着で終わり。結果”8GB”になりました。OSはWin7Pro・64ビット版

続いてCPUの換装。「Intel B65 Express」というチップセットですが、高位だとCore-i7
2600(K・S)シリーズ3.80GHzが搭載可能。

しかしながらヤフオクでもまだまだ高価…

で、先日レポでご紹介した通り「Core-i3 2120」3.30GHzを、ヤフオクで3,800円にて
購入。早速換装してみました。

ブラボー!マシンがしっかりと読み取ってくれていました。

 

 

このCPUの力量を知るべく、こんなテストを実施してみました。

動画編集ソフト「HandBrake」を使って、動画変換を試みます。

今回のテストで使うファイル元は、[DVDISO][映画] 恋するヴァンパイア(桐谷美玲・
戸塚祥太・三戸なつめ)ISOファイル4.87GBです。

比較機として、現在メインで利用しているこちらのPCを使います。

 

 

画像が、かなり見づらくてすみません…m(_)m

CPU:Core-i5 2410M 2.30GHz

メモリ:8GB

OS:Win10・64ビット版

CPUは、ともに「2コア4スレッド」構造。

Core-i3とCore-i5の違いがあるものの、同じIntel第2世代CPU。

決定的な違いは2.30GHzと3.30GHzという”動作周波数”それ以外にも細かい点での違いはあるのでしょうが、ここではあまり細部にまで拘らずシンプルにテストします。

 

 

【結果】

Core-i3:変換所要時間22分

Core-i5:変換所要時間34分

 

ともに出来上がりは「m4vファイルで791MB」

何と!4.87GBの大容量ファイルが、たったの791MBまで圧縮されてしまいました。

もちろん画質が落ちるのは当然ですが、「ただ観れればいいや」という人にとっては
これでも十分でしょう。

 

私も昔はせっせとDVDに焼いて保存していたのですが、ブランクメディアの購入と、
DVDに焼く作業、焼いたDVD保存・整理がとにかく面倒なので、今はやめて2TBの
外付けHDDに保存しています。

 

それでも数千本分の映画(動画)が溜まりました(笑)

ほかにもTVドラマやバラエティ番組、ドキュメンタリー番組など合わせ有に数万本に
到達するメディアを保持しております。

 

ちょっとしたレンタルビデオ店を運営できる規模になりました(笑)。

 

現在では外付けHDDだけでトータル12TBを動かしています。

稼動PCは全機種4台(ノート3台、すべてNEC)。余談でした…(笑)

 

さて、動画変換に要する時間は、この2機間でおよそ12分の開きがありました。

Core-i5の方がCore-i3よりも上位なのは言うまでもないのですが、やはり動作周波数
の差は大きかったようですね。

その昔、TOSHIBAのダイナブックというノートPCを使っていた時があったのですが、
この機種がCore-i7、動作周波数は忘れましたが、当時でも画期的だった「4コア
8スレッド」タイプで、4.5GBのISOファイルを僅か数分で動画編集してしまった事
に驚いたのを覚えています。

 

HDDもSSD使用でPCの立ち上げ、シャットダウンがとにかく爆速でした。

結局そのPCも転売してしまいましたが…

HP(ヒューレッドパッカード)のノートPCでもCore-i7をPCデポで購入し、保持していた時代がありました。あれも最高のスペックでしたね。

 

今後の展開としては、今回手にしたデスクトップPCのOSをWin10にしたいと考えて
います。

動かすマシンスペックとしては、もうこれで十分でしょうから…

やはりデスクトップはノートに比べて換装、増設が楽でいいですね。

ノートPCのあの”緻密さ”も好きなのですが、デスクトップは部品が一つ一つ大きくて、カスタ
マイズしている充実感が味わえます。

金銭的余裕ができたらPCケースをスケルトンにしたいな…(笑)

子供の頃、プラモデル作りにワクワクしたあの感覚が、この年齢になっても味わえるこの喜び。

マシンフェチの私にとってPCのカスタマイズはやめられない”大人の遊び”なんです。

もっと勉強しなきゃ…と思う今日この頃です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました